神栖第二中学校

住所: 茨城県神栖市平泉東1-60-1 TEL:0299-92-0652 FAX:0299-93-2760 E-mail:630602@sch.ibk.ed.jp

アクセス数

  • 全体のアクセス数:3241232
  • 今日のアクセス数:3269

カテゴリー

過去の投稿

分散登校(午後の部)

午後の部の登校時も小雨が降っています。

午前の部と同様に学級を半数に分け、学級活動を行いました。

【9月2日(木)の予定】

8:30~ 全学級・・・接続確認と出欠確認を行います。

       ①ロイロノートで出席確認・健康観察(体温等の報告)

       ②グーグルミートに入室

       ③本日の学習課題の確認

      ※接続できない場合には、学校まで連絡ください。

 

9.1 分散登校でのスタート(午前の部)

いよいよ2学期がスタートしました。今日は学年を半分にし分散登校を行います。

久しぶりの学校、クラスの仲間との再会、みんな元気に登校し学校にも活気が戻ってきました。

小雨降る中での登校。

教室では半数の生徒が、明日からのオンライン学習の仕方を学んでいました。

明日からの学習は、オンライン学習・オンデマンド学習・プリント学習・自主学習を併用しながら進めていきます。

 

 

9.1 2学期のスタートにあたり

第2学期 始業式でのあいさつ

 緊急事態宣言が発令され、分散登校やオンライン学習やプリント学習などの対策が取られ、生徒の皆さんには多大なる心配をかけているところです。しかし、この難局をみんなで励まし合い、更なる感染症対策を行いながら、乗り切っていきたいと思います。
 いよいよ今日から2学期が始まりました。先ずはこの夏休み、命にかかわるような事故もなく、無事に574名の生徒の皆さんが2学期を迎えられたことを嬉しく思います。
 今年の夏休みはまさしく「東京オリンピックと感染症拡大」の2点につきると思います。東京オリンピックでには、約580人もの日本代表選手が参加しました。その中で10代の選手は何人いたと思いますか? なんと10代の選手が28人もいたんですね。 そのうち中学生が4人、高校生が5人も参加していました。皆さんと同世代の選手の活躍や各国の選手同士の友情など、様々な競技から、または日本選手や海外の選手からたくさんの「感動と勇気」をもらいました。また、コロナ感染症の拡大により今まで以上の感染防止への行動等、自粛した夏休みになりました。そんな夏休みでしたが、皆さんは「成長する夏休み」にすることができましたか。
 7月21日から夏休みがスタートしました。同時に、各部活動ごとに県大会が始まりました。皆さんも知っての通り、団体ではサッカー部・柔道部男女・剣道部女子・ソフトテニス部男子・卓球部男子が、個人では柔道部男女11名・ソフトテニス男子1組・卓球部男子4名・卓球部女子ダブルス・バドミントン男子1名・水泳部男女3名・陸上部男女が県大会の舞台で活躍しました。各部活動とも熱い試合を展開していました。そんな厳しい県大会を勝ち抜き、見事、関東大会へ駒を進めた、卓球部・柔道部・水泳部・陸上部の選手の皆さんは、学校代表として、茨城県の代表として、関東の地でも 「神栖二中」の名をとどろかせてくれました。残念ながら全国大会への出場権は獲得できませんでしたが、一人一人が学校の代表としての看板を背負い、一生懸命に戦ってきました。また一つ神栖二中の伝統が築かれました。選手の皆さん、お疲れ様でした。そして全校生徒の皆さん、応援ありがとうございました。
 さて、2学期を迎えるにあたり、校長として皆さんに期待することは、1学期同様、教育目標の「自立・協働・貢献」の3つの精神をもって生活してほしいと願っています。 自分のこと、自分たちのことは自分でやること。周りの人達と協力しあうこと。人のため地域のために汗を流すことができる行動をとること。この3つの精神を1学期に培った経験をもとに発展させてください。
 そのために、学校生活や校外生活のすべての場面で『自分で考える』ということを目標のキーワードにしました。授業でも、部活動でも、自分で考えて行動に移してください。すぐに誰かに頼るのではなく、自分の力で考えて、自分の言葉で答えを出してください。人から教わったことはすぐに忘れてしまい、力になりません。自分で苦労して出した答えは、決して忘れることなく、これからの自分の力になってきます。そして、自分たちで行動するからこそ、楽しい学校生活を送ることができるのです。その一つ一つの積み重ねが皆さんを大きく成長させていくのです。
 2学期は体育祭や文化祭、修学旅行などの行事がたくさんあります。学校生活を楽しくするために、自分たちは何をすればいいのか考え、協力しあい、学校のため、友達のために身体を張って汗をかくことができる、そんな二中生に、2学期は近づいていってほしいと、強く願っています。皆さんなら必ずできるはずです! 
 神栖二中の生徒や先生、家庭や地域のみんなと共に、考え、行動できる2学期にしていきましょう。 

(神栖第二中学校長 谷田川浩之)*本日配付した「学校だより」もご覧ください。