来訪者数

====================
◇来訪者数: 249263
◇今日の来訪者数: 185
◇今週の来訪者数: 2109
◇全アクセス数: 2560336
====================

昔の給食[1月25日(月)]

今週から全国給食週間に入りました。(1/24~1/30)
(学校給食の意義や役割についての理解を深めて,関心を高めるための1週間)
今日の給食は昔の給食メニューです。
・ご飯
・飲むヨーグルト
・鮭の塩焼き
・もやしとたくあんの和え物
・すいとん汁
・あじつけのり
○日本の学校給食の歴史は,明治22年に山形県にある小学校で貧しい子どもたちへ昼食を無料で提供したのが始まり
○その後,各地でも給食が実施されるようになったが,戦争などの影響で中断された
○戦後,支援物資による給食再開を記念して設けられたのが1月24日~30日の「全国学校給食習慣」
○食事ができることに感謝していただきましょう。

栄養問題4[1月22日(金)]

栄養問題3の続きです。
○現代の子どもたちが抱える栄養問題「過体重」
・BMI25~30を過体重と定義している(30以上は肥満)
・先進国,途上国とも顕著に増加している
―世界5~19歳で2000年に10.3%→2018年に18.4%
・カロリー摂取量の増加,昔ながらの食事から現代的な食事への移行,運動量の低下など多くのことが関係しているといわれている
(糖類を多く含む食品が世界中で普及している)
(栄養がない安価なカロリーが手に入りやすくなっている)
・過体重には糖尿病などのリスクが伴う

○世界の子どもが直面する栄養不良の本質は変化しており,新しい対策が求められている
○栄養問題は保健分野の支援だけでは解決せず,衛生分野の支援で,下痢(栄養吸収の妨げになる)や感染症のリスクから子どもたちを守らないといけない
☆食品の生産,加工,流通,調理,消費の全てのプロセスで,子どもの栄養を重視するよう改善する必要がある
(下の写真は生徒が作った正十二面体と正二十面体です)

イカ[1月22日(金)]

今日の給食は
・中華麺
・牛乳
・いかフリッター
・ごぼうサラダ
・醤油ラーメンスープ
○イカとタコの違いについて
○イカは足が10本,タコは8本
○イカは触腕という特殊な腕が2本あり,体の中にしまっていることも多い
○イカには,体の血や肉を作るもとになるたんぱく質が多く入っている
○また,イカには「タウリン」というアミノ酸(コレステロールの値を下げたり,疲れをとってくれる)がある

栄養問題3[1月19日(火)]

栄養問題2の続きです。
○低栄養が引き起こすもう一つの深刻な問題が「発育阻害」
 -年齢に対して低すぎる「身長」に表れる
 -消耗症と違い,慢性的な栄養不足で起きる
 -子どもに差し迫った命の危険はなく,明らかに弱り果てた様子は見られない

  (だが,風邪や下痢などのごくありふれた病気がきっかけで命を落とす危険が高まる)
 -発育阻害は,母親の胎内にいるときから2歳の誕生日までの「人生最初の1000日間」の間に十分な栄養を摂取できなかった場合に発症する
 -発達が阻害され,身長が伸びにくくなったり,認知能力が発達しにくくなったりする病(知らず知らずのうちに子どもの知能の発達を遅らせることがある)
  →教育の効果が上がりにくくなる

パン[1月19日(火)]

今日の給食は
・食パン(キャラメルソース)
・牛乳
・チキンのチーズ焼き
・ほうれん草とコーンのサラダ
・雑穀入りミネストローネ
○今から6000年程前,古代メソポタミアでは,小麦粉と水でこねただけの無発酵パンが食べられていたそうです
○その後,発酵パンを発明したのは古代エジプト人のようです
○小麦粉と水をこねて焼かずにほおっておいたら膨らんでいて,焼いたら香ばしくておいしかったようです
○「あんパン」は日本生まれのパンで,木村屋が開発に6年もかけ,明治8年に売り出した

その悩み 本でスッキリ[1月18日(月)]

階段の本棚が新しくなっています。

こども六法などおもしろそうな本がたくさんあります。

知って防ごう感染症[1月18日(月)]

保健室の入り口に感染症についてのクイズがあります。

生徒のみなさんは近くを通ったとき,解いてみてください。

(最近,手洗いの水が冷たいですが,手の状態についてのポスターもあるので,見てください)

栄養問題2[1月18日(月)]

栄養問題1の続きです。
○重度の栄養不良の一般的な症状である「消耗症」は,年齢に対して痩せすぎていること,つまり体重に表れる
・例 生後14カ月の子ども
   -呼吸困難
   -顔がむくむ
   -自力で立ち上がれない
   -表情がうつろ
 →上腕の太さを測ると危険域。体重も6.5kgしかない。(マラリアに感染していて食欲がなくなり,下痢をしたせいで重度の急性栄養不良におちいっていた)治療をすると(8週後)
   -自力で歩く
   -活発に遊ぶ
   -意思表示もはっきりする
   -明らかに筋肉がつく
   -顔のむくみがとれる
   -乾燥した肌も正常にもどる

○2019年世界には約4700万人もの消耗症の子ども(5歳未満)がいたが,2020年度中に低・中所得国で消耗症にかかる子ども(5歳未満)が640万人増える可能性があると発表されている

神栖を食べよう[1月18日(月)]

今日の給食は神栖を食べようメニューです。
・ごはん
・牛乳
・パプリカ餃子
・白菜のなめたけ和え
・いわしのつみれ汁
・ミルクプリン
○神栖市は,海風の影響で夏は涼しく,冬は暖かいので,パプリカの栽培に最適な場所になっている
○色鮮やかなミニパプリカの「スイートカクテルペッパー」はみずみずしく,果物のような食感
○スイートカクテルペッパーには,様々な色があり,赤は1番ピーマンらしい味,黄色はさっぱりした酸味,オレンジは少しリンゴのような風味で甘みが強いなど,色によっていろいろな味を楽しむことができる

(〒)部活動の感染対策の徹底について[1月15日(金)]

15日の夕方に1,2年生を対象に配信されたメールの内容をお知らせします。

1・2学年保護者様

日頃より,大変お世話になっております。
さて,本日1・2年生生徒に,標題に関する文書を配付しました。

県からの大切な通知となりますので,必ずご確認ください。

主な内容は以下のとおりとなります。
○ 大会について
 ・顧問,部員及び部員の家族等に,発熱・咳・咽頭痛などの症状がある場合は,学校として参加を見合わせること。
 ・学校として参加の必要性を協議し判断すること。なお,その際には,保護者に承諾を得ること。
○ 練習試合,合宿等について
 ・自校での活動のみとし,他校との練習試合,交流,合宿等は自粛すること。
○ 活動について
 ・活動時間は,平日,休日とも,通常より短い時間を設定すること。
 ・ミーティングや待機時など可能な限りマスクを着用すること。
 ・近距離で組み合ったり接触したりする感染のリスクが高い活動等を,一時的に制限するなど内容を検討すること。
・屋内の活動においては換気を徹底し,管楽器の演奏は互いの間隔を十分にとる,声を出す活動はマスクを着用したうえで互いの間隔を十分にとるなど,感染症対策を徹底すること。
 ・食事,更衣及び活動場所までのバスの移動の場面等においても感染症対策を徹底すること。
 ・OBや外部指導者等についても校内への立ち入り自粛を要請すること。
 ・顧問,部員及び部員の家族等に,発熱・咳・咽頭痛などの症状がある場合は,該当の部の活動を自粛すること。
 ・各競技団体からの競技特性に応じたガイドラインを参考に,感染拡大予防のための必要な取組を実施すること。
 ※ 今後の感染状況により,内容の変更もあり得ることを申し添えます。


これらを受け,本校では明日16日(土)と明後日17日(日)の部活動は中止といたします。


県内全域に不要不急の外出自粛要請がでております。
学校でも十分に指導はしていきますが,各ご家庭におかれましても,お子様のご家庭での生活についてのご配慮をお願いいたします。