カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カウンター

全体アクセス数 1647416
本日アクセス数 484
週間アクセス数 6485
全体訪問者数 176597
本日訪問者数 140
週間訪問者数 900

Last Practice~明日の運動会に向けて~

いよいよ明日が本番!どの団も,応援合戦や競技の練習に熱が入っていました。最後の全体集会では,実行委員長,副委員長,チームリーダーから挨拶がありました。たくさん苦労したことがあったはずですが,皆笑顔で活動していたのがとても印象的でした。

明日もまた,皆の笑顔が輝く一日となりますように。

9/17 団練習~運動会へのカウントダウン~

運動会の本番に向けての練習も,連日,熱のこもったものになっています。各団共に,団長を中心に熱心に練習に取り組んでいます。応援合戦の練習なども各団の特徴を生かした迫力あるものに仕上がってきました。19日(土)の本番が楽しみです。

9/16 運動会の予行練習

秋風が吹く中,運動会の予行練習を行いました。学習時間の確保,熱中症対策のため,運動会の練習は1日2時間程度としてきましたが,生徒たちは自分の役割や競技方法をしっかり理解して本日に臨むことができたようです。今日の反省をもとに係や競技の内容を修正し,3日後の運動会をより充実したものにしていきましょう。

瀬戸内寂聴さんの言葉「自分を大切にしないと」を読んで

「週刊いばらき・こども新聞」に掲載された瀬戸内寂聴さんの中学生に向けたメッセージを読み,1学年の生徒たちが感じた率直な思いをミニ作文に書きました。一部を紹介します。

「『若き日にバラを摘め(若い時の傷は必ず治る)』という言葉が心に残りました。私は挑戦できずに怖がることがありましたが,授業で挙手するなど小さな挑戦を積み重ねていきたいです。」

「僕は『嫌なことは永遠に続かない』という言葉が心に響きました。それに『いじめはいけない。本当に強い人がかばうしかない。』とありました。いじめがあったら(自分が)強い人になり,困っている人を助けてあげたいです。」

「『自分が自分を大切にしないで誰が大切にするのか』という言葉がとても印象に残りました。私も人と比べたり,失敗したりしたとき,この言葉を思い出して自分を大切にしていきたいです。自分のよさを見つけて,それを誇りにしていきたいです。」

生徒たちは,日常生活の中で,ふと寂しさを感じたり,強い疑問を感じることもあるでしょう。時には誰かの言葉にはっとさせられる場面もあるかも知れません。今日のように,心に響く言葉から何かに気付き,納得して歩き出す生徒は,この先,自らの意思で成長していくことと信じています。

9/14 団練習

水曜日に予行練習を控え,どの団も生徒たちの表情が変わってきました。「やる気」がみなぎっています。

9/13(日)3-1課外活動☆千人画廊

8/9〜始めた千人画廊の活動ですが、計10時間をかけて、完成させることができました。保護者の皆様のご協力のおかげで、生徒達も充実した時間を過ごすことができました。楽しく活動し、思い出を作ることができ、感謝申し上げます。今後もよろしくお願いします。

9/12 @池の川さくらアリーナ

ジュニア県予選が行われました。

1回戦はストレートで水海道西中の選手に勝利、2回戦は緑岡高校の選手に惜敗という結果でした。高校生との試合では、サーブポイントがたくさんあり、さらにドライブが冴え、これまでにないラリーを繰り広げていました。

応援ありがとうございました。

9/12 PTA奉仕作業

心配された天気も最後まで崩れることなく,無事に奉仕作業を実施することができました。参加された保護者の中には,刈払機を使う方や,植物や野菜が植えられている周辺を丁寧に除草する方も見られ,生徒や職員とともに,グラウンドや花壇,テニスコート,裏門周辺など大変きれいにしていただきました。皆様のお陰で,1週間後,気持ちよく運動会を迎えることができます。ご協力いただき,ありがとうございました。

9/11 理科の授業

3年生は「塩化銅水溶液はどのように分解されるだろうか」という課題で理科の授業に臨みました。まず化学式や水溶液の性質などフラッシュカードでテンポよく前時の振り返りを行った後,水溶液に電圧をかけ,物質が付着する現象の理由を,化学反応式や,陽極,陰極がもつ特性をヒントに考えました。付着した物質をろ紙に乗せて乳棒でこすると金属光沢が見られ「すごい」という声が上がりました。「銅は-極に引きつけられたので+をもつ物質である」「前回の実験も踏まえて考えると陽極に塩素が発生しているので陰極の電気をもっていると考えられる」など生徒一人一人が学習用語を使い,学びを振り返る姿が見られました。この学習が職業選択のきっかけになるかも知れませんね。

9/11家庭教育学級開級式&アロマテラピー教室開催

 本日,神栖市教育委員会社会教育指導員の大川俊一先生をお招きして,家庭教育学級の開級式が行われました。例年であれば1学期に実施していたところですが,新型コロナウイルス感染症拡大の影響でこの時期となってしまいました。参加された保護者の皆様お忙しい中ありがとうございました。

 大川先生は以前波崎一中で教頭先生として勤務していたことがあり,その頃の波崎一中の生徒たちの様子を懐かしそうに話されていました。また,講演会では「子どもの成長のためには ~思春期の子どもへの関わり方~ 」と題し,思春期の子どもの特徴や,子どもの自立にはやる気を育てることが大切であることなど,親は子どもにどのように接したらいいかを話されていました。

 その後は「アロマテラピー教室」が開かれました。参加をされた保護者の皆様は,たくさんの香りのエキスの中から自分好みのものをいくつか選び,それを組み合わせて「マイエアフレッシャー」を作ることができました。保護者の皆様も日頃のストレス(?)の解消につながったのではないでしょうか。最後にとった集合写真は,皆さんさわやかな表情で写っていますよ。